キトサンは生活習慣病にも効果あり?

生活習慣病とは、偏った食生活や運動不足、ストレス、喫煙など、毎日の好ましくない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気のことです。
糖尿病、脂質異常症、高血圧は、かかっている人、その疑いのある人が多いことから、3大疾患といわれています。
このほか、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血、がん、腎臓病、肝臓病、骨粗しょう症、歯周病なども生活習慣病に入ります。
多くの生活習慣病は、自覚症状がなく、相当の年数を経てから病状が現われるのが特徴です。

●血糖値を抑えて糖尿病予防
生活習慣病の中で非常に増加率の高い糖尿病。
キトサンを摂取することにより血液中のブドウ糖がスムーズに細胞へ取り込まれるようになります。
キトサンが血糖値の上昇を抑えることは、動物実験でも明らかにされています。

●血圧を下げて高血圧を予防
塩分の過剰摂取が高血圧を招くことはみなさんご存知だと思います。
キトサンは食塩中の塩素イオンと結合して排出する作用があります。それにより、 血圧が上昇する原因が減少するため血液の流れがスムーズになり、血圧が安定するのです。

●脂肪を排出してダイエット
キトサンは食事に含まれる脂肪の吸収を抑え、余分な脂肪はキトサンが吸着し排出してしまいます。
脂肪が体内に溜め込まれないため、キトサンを摂取することで太りにくい体質に改善が期待できるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする