痛風にも効果があるキトサン

「風がふれても痛い痛風」と表現されるように、痛風は激しい痛みを伴う病気としてご存知の方も多い病気です。
しかし!痛風が本当に怖いのは、痛風を発症する原因となった、体内環境、つまり高尿酸血症に由来する動脈硬化、腎障害、高血圧や心 臓病など様々な合併症を引きをおこすことにあります。

痛風の痛みを鎮めるお薬は一時的な痛みどめとしては有効ですが、体内環境を正す機能は少なく、長期に渡って服用するべきではないと言われているため、痛風は健康食品などによる体内環境、体質の改善が最善の治療方法だと考えられています。

キトサンは尿酸値を増やすプリン体を吸着・排出する働きがあり、痛風対策に適した素材だといえます。

プリン体とは、細胞の核に含まれる核酸を構成する成分で、レバーや白子などに多く含まれています。
このプリン体は、体内で分解される過程で尿酸を生成。尿酸が増えすぎると痛風を招くことになります。
キトサンは、食物中のプリン体も吸着して排出。尿酸値の上昇を抑える働きもあります。

キトサンが胃液に溶解した後、食物中の核酸(尿酸の材料になる)を吸着して吸収を抑制するため、尿酸値を改善する効果があり、痛風を改善します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする