キトサンの発がん性物質、放射性物質と重金属の除去作用

重金属には大切な栄養素となる鉄や亜鉛などのミネラル系のものと、水俣病やイタイイタイ病などの難病の元になる水銀やカドミウムなどがあります。
亜鉛や鉄は取りすぎても余分なものは排出されますが、体に害を及ぼす重金属は排出されずに体内に蓄積されます。
キトサンはこの有害な重金属をはじめ、ゴミ焼却や自動車の排気ガスなどが出す有害化学物質を吸着して体外に排出してしまいます。
有害な重金属類やダイオキシン類を排出して体のバランスを正常化するのです!

動物実験ではありますが、キトサンのキレート作用が放射性物質を90%以上排除するという研究結果が紹介されています!

ラットに放射性物質ストロンチウムを経口投与した場合、キトサン添加の飼料で飼育したラットでは、早くも1日後に90%以上のストロンチウムが糞便中に排泄されたそうです。

この実験でわかることは、日頃からキトサンを摂っていれば、万が一放射能汚染があった場合でも、それが体内に吸収蓄積されるのを未然に防ぐことが可能であるということです。
サプリメントは栄養補給という目的はよくありますが、キトサンのように「吸着・排泄」も目的とする素材はとても珍しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする