キトサンがガンを抑制?抗がん剤の副作用軽減?

ガンに対する作用として、キトサンを含む健康食品に共通していることがあります。 それは、免疫力強化(免疫療法)です。
しかし、キトサンには以下のような免疫強化以外の作用があることで注目されています。

①ガン細胞や接着分子と結合することで、ガン細胞の異常な増殖を抑えます。
②ガン細胞から排出される毒素を抑えます。
③キトサンに備わっている徐放作用で抗がん剤の辛い副作用を軽減でき、抗がん剤の効果を持続させます。
④放射線治療との併用で、放射線による様々な副作用を抑制します。
また、キトサンはガン代替療法(補完療法)の中でも免疫力向上、吸着機能、生体親和性、徐放作用を持つ非常に優れた素材で、 医薬品などとは異なり、副作用がないとても安全性の高い物質なのです。
ガンの予防や治療にキトサンを取り入れることは、有効な手段のひとつです。

【キトサン体験談のご紹介】



キトサン体験談:60代男性
「大腸ガンを乗り越えて早6年、再発もなく充実の毎日です」

私の大腸ガンが見つかり手術を受けたのは2008年の事でした。
出張先で突然、腸閉塞をおこし、救急車で運ばれた病院で告げられた病名が大腸ガンでした。
緊急手術が行われ、検査の結果、既に大腸ガンのステージ3b(リンパへの転移あり)という最悪の結果でした。
大腸のガンは取り除いたものの、リンパへ転移したガンは取りきれないため、抗がん剤での治療を受けなければなりませんでした。

抗がん剤はガン細胞だけでなく正常な細胞までも傷つけるため、その効果を得るためにはどうしても副作用が避けられないといの説明を受けました。
嘔吐・悪心、脱毛、白血球の現象、下痢、口内炎、貧血、感染症の心配など聞くだけで恐ろしく、私は当初、そんな苦しい思いをするくらいなら、もう死んだほうがいい、人生に悔いはない、モルヒネで楽にして欲しいと家族に伝え、抗がん剤の治療を拒否したのです。

そんな時、娘の職場の社長さんから免疫力がついて抗がん剤の治療にもいいからと、すすめられたのがキトサンでした。
娘の職場の社長さんは長年キトサンの効果に注目・実感していて、ご自身も愛用していたのです。
正直半信半疑ではありましたが、とりあえず言われたとおり飲んでみることにしました。
そして、抗がん剤治療が始まり、あれほど恐れていた副作用らしき症状がひとつも出ない事に、家族や何より私自身が驚きました。

ここで初めて、「キトサンが効いているのではないか?」「信じて飲んでみよう」という気持ちになりました。
抗がん剤の治療は9ヶ月続きましたが、結局、吐き気や髪が抜け落ちたりする事は全くなく、 副作用といえるものは口内炎ができた事くらいでした。
むしろ、食欲旺盛で太ってしまい、担当医に注意を受けたくらいです。

私のようなケースは珍しいと先生も驚いていましたが、私はキトサンの効果だと信じています。
その証拠に、キトサンを毎日飲んでいるおかげで、もうすでにガンが発見されてから6年が経っていますが、抗がん剤治療後の定期健診でもいつも異常なし!腫瘍マーカーも常に安定!

おかげさまで再発・転移もなく、孫たちに囲まれ、幸せな毎日を送っています。
私はキトサンのおかげで、抗がん剤の副作用もなく、ガンが再発することもなく、充実した毎日が過ごせていると思っています。
私の体験談が同じように病気で苦しんでいる方のお役に立てればと思ってお話させていただきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする