キトサンの吸着作用

キトサンを利用した経口吸着材の研究でキトサンが化学合成薬品の副作用を軽減し、尿素、アンモニア、クレアチニン、尿酸などの窒素の老廃物に対して選択的に吸着除去することを実証。 酸性を示す分子に対しても90%以上、リン酸化物質に対しても効率よく吸着除去することも報告されています。
(キトサン・ファイルより)

すべての物質はいろいろな分子が結合してできています。
この分子は必ずプラス(+)かマイナス(-)のイオンに帯電しています。

キトサンは(+)で重金属、有毒物質など(-)を引きつけ、くっつける作用を持っています。
キトサン効能の原理に、排毒作用があります。
キトサンは体内でプラス荷電する。体内をめぐる有害物質は、ほとんどがマイナス荷電。
キトサンは、これらと結合して、速やかに体外に排泄する。血管内でも有毒な界面活性剤、ステロイド、細菌などを“つかまえる”。
細菌など微生物はマイナス荷電しているので、プラス荷電のキトサンに“つかまり”繁殖不能となる。
これがキトサン抗菌作用のしくみ。化学的殺菌作用とはまったく異なることに注目してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする